お使いのブラウザでJavaScriptを有効に設定して閲覧してください

Program プログラム

SAGA19プログラム

2016年11月19日(土曜日)

11:00~

シンポジウム1 「熊本地震 被災した動物たち」

森村 成樹(京都大学野生動物研究センター) 
松本 充史 (熊本市動植物園) 
伊藤 秀一 (東海大学農学部) 
12:00 昼休憩
13:00~

シンポジウム2「チンパンジーの人工保育問題を考える」

司会:森村 成樹(京都大学野生動物研究センター)

講演者:
友永 雅己(京都大学霊長類研究所) 
山梨裕美(京都大学野生動物研究センター) 
松本充史(熊本市動植物園) 
木岡真一(恩師上野動物園) 
長尾充徳(京都市動物園) 
林 美里(京都大学霊長類研究所) 

コメンテーター:平田 聡(京都大学野生動物研究センター)
15:00~

シンポジウム3 「霊長類の“食”」

ボノボの食べ物 古市 剛史(京都大学霊長類研究所)  
オランウータンの採食 久世 濃子(国立科学博物館)
ニホンザルの採食と消化 澤田 晶子(京都大学霊長類研究所)
飼育下霊長類のエサ“ときわ動物園の取り組み” 川出 比香里(宇部市ときわ動物園)
16:30~18:00

ポスターセッション

18:00~

交流会 

詳細・申込方法はこちらでご確認ください

2016年11月20日(日曜日)

9:30~

エクスカーション(於 宇部市ときわ動物園)

11:10~

ご当地講演1 「ときわ動物園の生息環境展示」

設計 若生 謙二(大阪芸術大学) 
管理 宮下 実 (宇部市ときわ動物園) 
飼育 木村 嘉孝(宇部市ときわ動物園) 
12:00 昼休憩
13:00~

ご当地講演2 「霊長類の生息地と運動機能」

新世界ザルと生息地 伊沢 紘生(宮城教育大学) 
テナガザルと生息地 親川 千紗子(南西環境研究所) 
テナガザルのブラキエーション 和田 直己(山口大学) 
15:00 閉会




交流会

日時:11月19日(土)18:00~19:30 予定

会場:ときわ湖水ホール内レストラン Hawaiian Resort Café Leola(ハワイアン リゾート カフェ レオラ)

会費:アルコールあり 3,500円,アルコールなし 2,500円

申込方法:Eメールにて,下記の内容をご送付ください。
申込先Eメールアドレス:saga19[at]tokiwa-zoo.jp
件名を「SAGA19交流会申込」としてください。
氏名
所属機関
申込者のEメールアドレスまたはFAX番号
アルコールの有無

申込締切:2016年11月11日(金)

注意事項:会費は当日,受付で現金でお支払いください。お釣りのないようお願いします

皆様のご参加をお待ちしております。