戻る

 

  

SAGA9
in 名古屋


トップページ

要旨集&写真

プログラム

参加申し込み

ポスター募集

会場

交通・宿泊


SAGA Home Page
(
English / Japanese)

開催スケジュール
of SAGA9 名古屋

2006年11月11日(土)−12日(日)

「動物園:人と自然をつなぐ懸け橋へ」

 主催:東山公園秋まつり実行委員会、SAGA9実行委員会
  後援:(社)日本動物園水族館協会、名古屋市、名古屋市教育委員会、愛知県教育委員会
  協力:名古屋大学

終了しました!


関連行事 
 2006年10月11日(水)-11月12日(日) 類人猿の書いた絵の展示 in 東山動物園動物会館内
 2006年11月11日(土) 17:00-18:30 ジェーン・グドール講演会 in 南山大学

 【1日目】 11月11日(土) 10:00-20:00
於 名古屋大学 IB電子情報館・中館 

9:30-10:00 受付

10:00-12:30 シンポジウムT「野生と動物園をつなぐ」 in 2階大教室
  座長:五百部裕(椙山女学園大学)

第一部 「フィールドからの現状報告」
 久世濃子(京都大学)
  「スマトラ島およびボルネオ島におけるオランウータンの現状」
 小川秀司(中京大学)
  「タンザニア西部におけるコンゴ及びブルンジ難民のチンパンジー生息地への影響」
 田代靖子(林原類人猿研究センター)
  「コンゴ民主共和国ワンバ森林のボノボの現状」
 Damien Caillaud(フランス・モンペリエ大学)
  「中央アフリカにおけるゴリラの減少:エボラ出血熱ウィルスの影響」

第二部 「野生を紹介する場としての動物園」
 黒邊雅実(東山動物園)
   「野生を紹介する場としての動物園」
 山極寿一(京都大学)
   「野生の窓としての動物園」

12:30-13:30 SAGA世話人会 1階012教室

13:30-14:30 シンポジウムU「動物園における展示と教育」 in 2階大教室
  座長:友永雅己(京都大学)

上野吉一(京都大学) 「動物園で見せるもの:ショーの是非」
大坂豊(野毛山動物園) 「動物園における展示と教育」

14:30-14:45 ジェーン・グドールさんご挨拶 in 2階大教室

15:00-16:15 分科会  in1階013/014教室

自然保護     座長:橋本千絵(京都大学)
飼育と動物福祉 座長:友永雅己(京都大学)
  ・
 斎藤成也(国立遺伝学研究所)「ヒトと類人猿の種内DNA変異」
  ・ 長谷川寿一(東京大学)「チンパンジーの内分泌と社会行動
     ―三和化学集団における行動実験と非侵襲的測定」

16:30-17:50 ポスター発表 in1階プレゼンテーションスペース

18:00-18:30 分科会報告と総合討論 in2階大教室

18:45-20:00 懇親会 in1階プレゼンテーションスペース

※下記の関連した催しも並行して開催されます
  ジェーン・グドール博士講演会(16時半〜18時半) in南山大学名古屋キャンパスD棟地下1階ホール
  NPO紹介ブース(10時〜18時) in 1階015教室
  関連書籍販売(10時〜18時) in 1階015教室

 【2日目】 11月12日(日) 9:30-15:30
於 東山動物園

9:30-11:00   環境エンリッチメント大賞関連行事 in 動物会館レクチャーホール
司会:落合知美(市民ZOOネットワーク)

大橋民恵(市民ZOOネットワーク) 「エンリッチメント大賞について」
石田おさむ(東京都多摩動物公園) 飼育施設部門大賞「オランウータン舎」
並木美砂子(千葉市動物公園) 来園者施設部門大賞「観察シート」
細田孝久(東京都恩賜上野動物園) 特別賞「展示の工夫(カナダヤマアラシ、ナマケモノ)」
市民ZOOネットワークより「今年度の大賞発表!」

11:00-12:00   NPO活動報告  

13:00-15:30  パネルディスカッション 「動物園は研究機関とどのように連携するか」 in 動物会館レクチャーホール 参加申込みが必要です。
  司会:上野吉一(京都大学)

竹田正人(天王寺動物園):動物園の展示に研究者の提言を活かす
竹ノ下祐二(日本モンキーセンター):動物園組織の中の研究者
小林弘志(東山動物園):東山動植物園再生計画の中での研究部門の位置づけ
成島悦雄(多摩動物公園):多摩動物公園の野生生物保全センターと研究機関との連携

下記の関連した催しも並行して開催されます。
 9:30-15:30 NPO紹介ブース i n 中央休憩所
 11:30-12:00 飼育係のトーク in 類人猿舎前

戻る


Copyright (C) 2006 SAGA9

戻る