戻る

 

  

SAGA8
in 大阪


トップページ

要旨集&写真

プログラム

参加申し込み

ポスター募集

会場

交通・宿泊


SAGA Home Page
(
English / Japanese)

開催スケジュール
of SAGA8 大阪

2005年11月18日〜20日


平行して、下記の展示をおこないます。終了しました!

『アーツ・アンド・エイプス ─大型類人猿から芸術を考える─』
アーツ・アンド・エイプス作品展
  2005/11/7〜11/19 大阪芸術大学キャンパス
     11/22〜12/11 大阪市立天王寺動物園 展示室
・人形劇「ジャングルからのメッセージ」(林原類人猿研究センタースタッフ)
  2005/11/18〜11/19 大阪芸術大学 9-004教室
  2005/11/20 大阪市天王寺動物園レクチャールーム

 【1日目】 11月18日(金) 12:30-19:50
於 大阪芸術大学 AVホール 

11:30-12:30 SAGA世話人会 (AVホール6階大会議室)

12:00-13:00 受付

13:00-13:20 開会の辞オープニングアンサンブル演奏 (河野正孝ほか)

13:20-14:50 セッション1 「大型類人猿のフィールドから:現状報告」
座長:五百部 裕 (椙山女学園大学人間関係学部)
 座馬耕一郎 (京都大学霊長類研究所)
   「野生チンパンジーとどうつきあうか〜マハレ山塊国立公園の近況報告」
 古市剛史 (明治学院大学国際学部)
   「ボノボの生息の現状と未来〜植民地支配と戦争が残したもの〜」
 鈴木滋 (龍谷大学国際文化学部)
   「中央アフリカ地域におけるゴリラとチンパンジーの保護の現状」
 金森朝子1・久世濃子1・幸島司郎1・Henry Bernard2・Titol Peter Malim3
   (東京工業大学生命理工学研究科1, Institute for Tropical Biology and Conservation University Malaysia Sabah2, Sabah Wildlife Department3)
   「ボルネオ島ダヌムバレー森林保護地域における野生オランウータン調査」

14:50-15:00 休憩

15:00-16:30 セッション2 「野生生物保全とNPO、企業、行政」
座長:山越言(京都大学大学院アジアアフリカ地域研究研究科)
 西堤 徹 (トヨタ自動車株式会社環境部企画G)
   「トヨタ自動車の自然保護への取り組み」
 阪口法明 (環境省自然環境局野生生物課)
   「GRASP第1回政府間会合と大型類人猿保護への今後の日本の支援について」
 NPO団体の活動紹介
   カリンズ森林プロジェクト (橋本千絵)
   ビーリア(ボノボ)保護支援会 (五百部裕)
   サンクチュアリ・プロジェクト (野上悦子)
   Jane Goodall Institute Japan (立畠敦子)
   緑の回廊 (松沢哲郎)

16:30-18:10 ポスター発表およびNPOブース展示 (AVホール前ロビー)
進行責任:友永雅己

18:10-19:50 懇親会(AVホール近くの「はまぐち」) 兼ポスター発表およびNPOブース展示 

 【2日目】 11月19日(土) 10:00-20:00
於 大阪芸術大学AVホール(午前)&芸術劇場(午後) 

@大阪芸術大学 AVホール
10:00-12:00 セッション3 「動物園の新たな取り組み -研究から展示まで-」
座長:中道正之
 Alexander Weiss (エディンバラ大学)
   "Chimpanzee and Orangutan Personality"
 Caterina Spiezio, Donata Grassi and Cesare Avesani Zaborra (Garda Zoological Park, Verona, Italy)
   "New prospects for chimpanzees in Europe at the Parco Natura Viva - Garda Zoological Park, Verona Italy"
 藤山秋佐夫 (国立情報学研究所)
   「チンパンジーゲノムの解読とY 染色体による亜種判定」
 黒鳥英俊 (東京都多摩動物園)
   「オランウータンの新しい施設」
 堤 秀世 (伊豆シャボテン公園)
   「ショーチンパンジーの群れ入りについて」

12:00-13:00 昼食
       
 SAGA世話人会(11号館3階会議室)

11:10-11:20 休憩

@大阪芸術大学 芸術劇場
舞台公演 「アーツ・アンド・エイプス ─大型類人猿から芸術を考える─」
総合司会:若生謙二 (大阪芸術大学)
13:00-13:15 「類人猿の描く絵画」松沢哲郎 (京都大学霊長類研究所)
13:15-13:45 「西洋美術に見る霊長類―象徴から実体へ―」石井元章 (大阪芸術大学)
13:45-14:05 「アーツ アンド エイプス展」作品授賞式

14:05-14:20 休憩

14:30-15:40 映像・リズム・トークによるアーツ アンド エイプス
企画・構成:中島貞夫(大阪芸術大学)、映像学科、舞台芸術学科、演奏学科共作
研究者のトーク
 ボノボ:伊谷原一(林原類人猿センター)
 ゴリラ:竹ノ下祐二(日本モンキーセンター)
 オランウータン:平田聡(林原類人猿センター)
 チンパンジー:山越言(京都大学アジアアフリカ地域研究研究科)

15:40-16:15 バイオリンコンサート 川井郁子(大阪芸術大学)

16:15-16:30 休憩

16:30-18:30 ジェーン・グドール博士講演会 「野生チンパンジーとすごした45年間」
司会:松沢哲郎 (会場収容人数約600名、有料)

19:00-20:00 懇親会 (第1食堂)

 【3日目】 11月20日(日) 11:00-16:30
於 天王寺公園映像館

天王寺動物園90周年記念事業
@大阪市天王寺公園映像館

9:00-     会場設営
9:55-10:00 オリエンテーション

10:00-11:15 エンリッチメント大賞受賞者講演会
         概要説明(落合知美 市民ZOOネットワーク
         飼育担当者部門大賞 木榑隆介(旭川市旭山動物園)
         飼育施設部門大賞 大阪市立天王寺動物園 アジアの熱帯雨林ゾーン・ゾウ舎(西田俊広) 
         特別賞 旭川市旭山動物園 (坂東元)
         質疑応答

11:15-12:00 記念講演「動物園とデザイン」 若生謙二(大阪芸術大学)

12:00-14:00 園内自由見学 (動物園内)
1300-     ゾウ舎、オランウータン・チンパンジー舎にてワンポイントガイド

14:00-14:45 記念講演「チンパンジーの学習と文化」 松沢哲郎(京都大学霊長類研究所)

14:45-15:30 記念講演「天王寺動物園90年の歴史と類人猿」 宮下 実(大阪市立天王寺動物園園長)

15:30-   園内自由見学 (動物園内)

平行して大阪天王寺動物園にて、NPOブース展示と活動報告もおこなわれます。
 10:00-16:00 NPOブース展示(旧ラクダ舎)

 13:00-14:00 映像などによるNPO活動報告 (レクチャールーム)

戻る


Copyright (C) 2005 SAGA8

戻る