戻る

 

  

SAGA7
in 京都


トップページ

要旨集&写真

プログラム

参加申し込み

ポスター募集

会場

交通・宿泊


SAGA Home Page
(
English / Japanese)

開催スケジュール
of SAGA7 京都

2004年11月12日〜14日



  12日(金)
京都大学
13日(土)
京都大学
14日(日)
京都市動物園
9:00  

シンポジウム
「動物園教育の現場から」
座長:中道正之
高田浩二
大丸秀士
並木美砂子
久米直明ほか
石田おさむ
総合討論

 

※動物園の入園料(一般500円)が必要です。

11:00 世話人会議 NPOブース展示
類人猿の保護についてNPO・NGOがブースを出して説明します。
11:10

休憩

11:20

エンリッチメント大賞
受賞者講演
市民ZOOネットワ-ク
吉田淳一(円山動物園)
東 卓也(釧路市動物園)

12:00  

昼食

13:00

開会挨拶 松沢哲郎

ポスターセッション

一般講演
(レクチャールーム)
山極寿一 「野生のゴリラが教えてくれた世界」
高橋鉄雄 「動物園のゴリラから学んだこと」

※参加無料ですが、申込み(京都市動物園075-771-0210)が必要です。

13:10

シンポジウム
「環境教育の現場から」
座長:山越 言
久山喜久雄
板倉 豊
広谷浩子
佐藤(山本)純栄
橋本千絵
総合討論
14:30

シンポジウム
「海外の環境教育・動物園教育の現場から」
Hou-Chun Chen
Nathan Wolfe
Tatyana Humle
Leszek Karczmarskiほか

15:00 NPOブース展示
15:10 休憩
15:30 ポスター発表
ポスター発表の募集については、こちらをご覧ください。
16:30

分科会の報告と
総合討論
座長:中道正之、山越 言

17:00 分科会
自然保護 座長:五百部裕
飼育 座長:竹田正人
動物福祉 座長:上野吉一
18:00
-20:00

ジェーン・グドール博士一般講演会
司会:伊谷原一

※前売り2500円。申込み(JGI-J0863-43-9530)が必要です。

懇親会

※参加費は当日受付にてお支払いください。

懇親会

21COEと共催、参加自由です。

戻る

 【1日目】 11月12日(金) 13:00-20:00
於 京都大学百周年時計台記念館

13:00-13:10 開会あいさつ 松沢哲郎(京都大学)

シンポジウム「環境教育の現場から」 座長:山越 言(京都大学)
13:10-13:30 久山喜久雄(フィールドソサイエティー・法然院森のセンター)
          「お寺の森は自然の学校」
13:30-13:50 板倉 豊(京都精華大学・京都自然教室)
          「都市における自然観察会運動19年」
13:50-14:10 広谷浩子(神奈川県立生命の星・地球博物館)
          「博物館における教育普及活動について」
14:10-14:30 佐藤(山本)純栄(仙台市食肉衛生検査所)
          「マレーシア・サバ州における環境教育の事例」
14:30-14:50 橋本千絵(カリンズ森林プロジェクト・京都大学霊長類研究所)
          「ウガンダ・カリンズ森林における環境教育について」
14:50-15:10 総合討論

15:10-15:30 休憩

15:30-17:00 ポスター発表

17:00-18:00 分科会
       自然保護  座長:五百部 裕(椙山女学園大学)
       飼育     座長:竹田正人(天王寺動物園)
       動物福祉  座長:上野吉一(京都大学)

18:00-20:00 ジェーン・グドール博士講演
      司会:伊谷原一(ジェーン・グドール・インスティテュート・ジャパン)
      ※前売り2500円。申込み(JGI-J0863-43-9530)が必要です。

18:00-20:00 懇親会(参加費は当日受付にてお支払いください)

 【2日目】 11月13日(土) 9:00-20:00
於 京都大学百周年時計台記念館

シンポジウム「動物園教育の現場から」 座長:中道正之(大阪大学)
09:10-09:30 高田浩二(海の中道海洋生態科学館)
         「水辺における環境問題と水族館の役割」   
09:30-09:50 大丸秀士(広島市安佐動物公園)
         「担い手のいない動物園教育 飼育係に期待」
09:50-10:10 並木美砂子(千葉市動物公園協会)
         「研究者と社会をつなぐ「窓」としての「動物園」を:Interpretation, Appreciation, Negotiation,そしてConservation」
10:10-10:30 久米直明・辻井 麻里子・定平 典子(聖母女学院短期大学)
         「幼児教育と自然環境教育の裂け目?動物園における園外保育から見えてくるもの?」
10:30-10:50 石田おさむ(東京都多摩動物公園)
         「動物園における教育活動」
10:50-11:10 総合討論

11:10-11:20 休憩

11:20-12:00 エンリッチメント大賞受賞者講演 司会:落合知美(市民ZOOネットワーク)
         飼育担当部門大賞  吉田淳一(札幌市円山動物園)
         来園者施設部門大賞 東 卓也(釧路市動物園)

12:00-13:00 昼食

13:00-14:30 ポスター発表

シンポジウム「海外の環境教育・動物園教育の現場から」 座長:山極寿一(京都大学)
14:30-14:50 Hou-Chun Chen (Taiwan)
          How zoos support and execute ex/in situ conservation education
14:50-15:10 Nathan Wolfe (Johns Hopkins University)
          The impact of hunting apes on the emergence of human disease
15:10-15:50 Tatyana Humle (University of Wisconsin) & Tetsuro Matsuzawa (Kyoto University)
          Chimpanzee conservation in Bossou and Nimba, Guinea, West Africa: the green corridor project
15:50-16:30 Leszek Karczmarski , Caryn Self-Sullivan & Bernd Wursig (Texas A&M University)
          Conservation of coastal marine mammals in developing countries: involvement of local communities

16:30-18:30 分科会の報告と総合討論 座長: 中道正之(大阪大学)、山越言(京都大学)

18:30-20:00 懇親会21COEと共催、参加自由)

 【3日目】 11月14日(日) 11:00-16:30
於 京都市動物園 
11:00-16:30 類人猿の保護についてNGOがブースを出して説明
        ※動物園への入園料(一般500円)が必要です。

13:00-15:00 一般講演(レクチャールーム)
         山極寿一 「野生のゴリラが教えてくれた世界」
         高橋鉄雄 「動物園のゴリラから学んだこと」
        ※定員があるので、参加申込が必要です(申込先:京都市動物園 TEL 075-771-0210)。

戻る


Copyright (C) 2004 SAGA7

戻る