SAGAにおける霊長類の画像の発信について

このたび、国際自然保護連合(IUCN)が、霊長類の写真の公開に関するガイドラインを公開しました(ガイドライン原文; 日本語訳PDF)。SAGAは、ガイドラインの趣旨を理解し、これに賛同します。ただし、一律にルールの遵守のみを求めるのではなく、大事なのは写真を公開しようとする際に、ひとつひとつ丁寧に「文脈から切り離されたときに、この写真は人々にどう受け止められる可能性があるのか」を考えるというひとりひとりの姿勢だと考えます。ガイドラインを踏まえて、SAGAとしてこれまで公開していた写真も検討することにしました。すべての検討には一定の時間を要するため、暫定措置として「ヒト以外の霊長類とヒトが同一空間に映り込んでいる写真」の掲載を見合わせることとしました。今回残した写真がガイドラインに合致していて、削除した写真が不可であると確定したわけではありません。SAGAが目指すべき人間とそれ以外の霊長類とのかかわりのあり方についても検討し、写真の追加や削除をしたのち、あらためて公開いたします。私たちは私たち自身のあり方についても、国内外の関係者とも対話しつつ、これからもつねに主体的に考え続け、皆様にもわかりやすい発信を継続したいと考えています。