チンパンジー、マルクの写真
SAGA14

2011年のSAGA (アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い、Support for African / Asian Great Apes) は 、「水と生きる」をテーマに掲げ、11月12日 (土) – 13日 (日) に熊本市動植物園にておこないました。

シンポジウムの様子は当日の記録にてご覧いただけます。
多数の方々にご参加いただき、誠にありがとうございました、心より御礼申し上げます。



次は2012年11月におこなわれるSAGA15でお会いしましょう。

要旨集

SAGA14要旨集はこちらからダウンロードできます。PDFSAGA14要旨集(PDF形式:1.69MB)

参加方法

誰でもご参加いただけます。参加費は無料です。ただし、熊本市動植物園の入園料(300円)が別途必要です。

発表者、関係者は入園無料となります。
ポスター発表、懇親会、エクスカーション、ブース展示の申込については、こちらをご確認ください。

類人猿の絵画展

「類人猿の絵画展」も熊本市動植物園でおこないます。無料です。
チンパンジー、ゴリラ、オランウータン、ボノボが描いた絵が展示されます。ココやワショー、カンジ、アイの 絵もご覧いただけます。SAGA期間中も開催しておりますので、ぜひお立ち寄りください。

期間:2011年10月8日(土)-11月23日(水)
場所:熊本市動植物園 動物資料館

お問合せ



主催: SAGA14実行委員会

共催: 熊本市、京都大学野生動物研究センター・熊本サンクチュアリ

後援: (社)日本動物園水族館協会、熊本県、熊本市教育委員会