戻る

3回サガ・シンポジウム

「大型類人猿の研究・飼育・自然保護−現状と未来−」

京都大学霊長類研究所共同利用研究会

協賛:文部省COE形成基礎研究費、後援:犬山市

京都大学霊長類研究所共同利用研究会 (http://www.pri.kyoto-u.ac.jp/index-j.html)

期日:2000年11月9日−10日

9日は午前10時より午後7時まで。10日は9時30分より午後6時半まで

場所:フロイデ、犬山駅より徒歩2分、電話0568-61-1000

入場無料・どなたでもいつでも参加できます。事前の登録も不要です。

一般講演、ジェーン・グドール、野生チンパンジーの親と子の絆

11月9日の18:00-19:00の予定(参加無料、日本語の同時通訳があります)

世話人: 松沢哲郎・松林清明・上原重男・マイク・ハフマン・上野吉一・友永雅己・田中正之・西田利貞・加納隆至・大澤秀行

 


シンポジウムのプログラム詳細


SAGA3 ポスター発表 プログラム詳細


話題提供

 以下の話題提供を予定しています。また、これ以外にも多数のポスター発表を予定しています。詳しいタイムテーブルは後日公表しますが、ほぼこの順番だとご理解ください。

大型類人猿の新しい飼育施設と繁殖

類人猿の生息現況と21世紀の保護計画へ向けて:戦争とブッシュミート

特集テーマ:生命倫理・動物福祉

研究:最近のトピックス

Silver

 



宛先:友永雅己、tomonaga@pri.kyoto-u.ac.jp

メイルで、発表者(所属、連絡先の電子メイル)と題目をお知らせください。和文と英文でお願いします。ポスターパネルの大きさはほぼ畳一枚分で縦長です。ポスターの中身は和英いずれでもけっこうです。なお、話題提供いただく方も、その内容をポスターとしてご用意ください。ポスター会場には、ビデオ受像機とOHPを用意いたします。必要な方はご利用ください。


matsuzaw@pri.kyoto-u.ac.jp、tel: 0568-63-0547fax: 0568-62-2428


アナウンス:第4回サガ・シンポジウム

来年2001年のサガ・シンポジウムは、林原自然科学博物館のご協力により、11月15-17日に、岡山で開催が予定されています。ジェーン・グドールさんのほか、ビル・マグルー、マイケル・トマセロ、ロジャー・ファウツさんらの参加が予定されています。よろしくお願いします。


戻る