戻る

 

  

SAGA11
with HOPE
in 東京


トップページ

要旨集&写真

プログラム

発表申込

会場

交通・宿泊


SAGA Home Page
(
English / Japanese)

 

SAGA11 with HOPE
in 東京

2008年11月15日(土)〜18日(火)

主催:SAGA(アジア・アフリカに生きる大型類人猿を支援する集い)11実行委員会
共催:東京都多摩動物公園

2008年のSAGAシンポジウム(SAGA11) with HOPEは、
東京で開催します。

SAGA11 with HOPEは、無事終了しました。
当日配布された要旨集プログラムの詳細を御覧になれます。
2009年11月におこなわれるSAGA12をご期待ください。

■開催場所
【11月15日(土)】 東京都多摩動物公園 ウォッチングセンター
【11月16日(日)】 東京大学駒場 アドミニストレーション棟 学際交流ホール
【11月17日(月)、18日(火)】(英語発表) 東京大学駒場 数理科学研究科 大教室
→詳しくは会場、もしくは交通・宿泊をご覧ください。

■参加方法
  参加無料(15日の動物園は入園料をお支払いください)。誰でもご参加いただけます。
  ポスター発表の申込方法については、こちらをご覧ください。←締め切りました。
  
SAGA11のポスターはこちらからダウンロードしてください。

■プログラム
 15日は多摩動物公園でオランウータンに関する講演と、エンリッチメント大賞受賞者講演を予定しています。飼育や保護、研究に関するポスター発表やブース展示もおこなわれる予定です。16日は、会場を東京大学駒場に移して、「動物園とフィールドのクロス・トーク」「未来の動物園を語るラウンド・テーブル」をテーマに話し合う予定です。海外飼育施設からの招待講演も予定されています。17日、18日は野生チンパンジーやオランウータン、オマキザル、アホウドリ、イルカなどの講演(英語になります)が予定されています。
 →詳しくは、プログラムをご覧ください。
 →HOPEのサイトもご覧ください。

■連絡先
 SAGA11シンポジウムについてのお問合せは、saga11@pri.kyoto-u.ac.jp(@を半角に変更。期間限定メールとなります)まで御連絡ください。


Copyright (C) 2008 SAGA11

戻る