戻る

 

  

SAGA11
with HOPE
in 東京


トップページ

要旨集&写真

プログラム

発表申込

会場

交通・宿泊


SAGA Home Page
(
English / Japanese)

プログラム
of SAGA11 with HOPE in 東京

2008年11月15日(土)〜18日(火)

 主催:SAGA(アジア・アフリカに生きる大型類人猿を支援する集い)11実行委員会
共催:東京都多摩動物公園


 【1日目】 11月15日(土) 10:00-19:30
於 東京都多摩動物公園 ウォッチングセンター 

司会:成島悦雄(多摩動物公園)

10:00-10:05 ご挨拶 土居利光 (東京都多摩動物公園)

10:05-10:10 ご挨拶 松沢哲郎 (京都大学霊長類研究所)

10:10-10:55 講演「動物園が取り組むオランウータンの域内保全」
   黒鳥英俊 (東京都多摩動物公園)

10:55-11:40 講演「動物園に期待するオランウータンの保全活動」
   坪内俊憲 (ボルネオ保全トラスト)

11:40-11:55 コメント 山極寿一 (京都大学)

12:00-13:00 昼食 / SAGA世話人会(動物園会議室)

14:00-15:30 ポスターセッション※

15:30-17:00 「エンリッチメント大賞2008」受賞者講演
    「動物園賞」 埼玉県こども動物自然公園
    「敢闘賞」 鈴木哲哉さん (名古屋市東山動物園)
    「敢闘賞」 延吉紀奉さん (到津の森公園)

17:30-19:30 懇親会(京王レストハウス)

※10:00-17:00 NPO/NGOブース展示もおこなっています。
※ポスター発表者は、この時間中1時間以上ポスター前に在籍するようにしてください。

 【2日目】 11月16日(日) 9:00-17:20
於 東京大学駒場キャンパス 学際交流ホール

『動物園とフィールドのクロス・トーク』 9:00-10:40
   司会:伊谷原一(京都大学野生動物)

9:00-9:25 「フィールドワーカーが見た飼育下の類人たち」
   竹ノ下祐二 (中部学院大学)(仮)

9:25-9:50 「動物園関係者が見た野生の類人たち」
   久川智恵美 (わんぱーくこうちアニマルランド)

9:50-10:15 「動物園からフィールドへ」
   久世濃子 (京都大学理学部)

10:15-10:40 「動物園オランウータンの特徴」
   木村幸一 (名古屋市東山動物園)

10:40-10:50 休憩

『未来の動物園を語るラウンド・テーブル』 10:50-12:30
   司会:中道正之(大阪大学人間科学)

話題提供:田中正之 (京都大学野生動物研究センター)
ディスカッサント:各園館の飼育関係者に交渉中
 ・類人の飼育に関する問題点、繁殖、海外からの導入、将来展望など
 ・現場の問題点:飼育方法と体制について

12:30-13:30 昼食/SAGA世話人会

13:30-15:30 ポスターセッション※

『海外招待講演』 15:30-17:20
司会:友永雅己(京都大学霊長類研究所)

15:30-16:20 「飼育下オランウータンの行動特性」
   Robert Shumaker (GATI)

16:20-17:00 「飼育下チンパンジーの群れづくり:欧米の事例紹介」
   Michael Seres (Sanctuary for Exotic Animals, Netherlands)

17:00-17:20 Q&Aコーナ

※9:00-17:00 NPO/NGOブース展示もおこなっています。
※ポスター発表者は、この時間中1時間以上ポスター前に在籍するようにしてください。

 【3日目】 11月17日(月) 9:00-17:35
於 東京大学駒場キャンパス 数理科学研究科大教室

9:00-9:10 開会のごあいさつ
   松沢哲郎(京都大学霊長類研究所)

9:10-10:00 What hormones tell us about behavior in female chimpanzees.
   メリッサ・エメリー・トンプソン (ニューメキシコ大学)

10:00-10:45 Sex differences in ranging patterns of chimpanzees in the Kalinzu Forest, Uganda
   橋本千絵 (京都大学霊長類研究所)

10:45-11:40 The ant and the chimpanzee: a fable on the origins of culture in humans.
    タチアナ・ハムル (京都大学野生動物研究センター)

11:40-12:35 The ant and the chimpanzee: a fable on the origins of culture in humans.
    クリケット・ザンツ (マックスプランク進化人類学研究所)

12:35-13:35 昼食

13:35-14:30 The complete capuchin: tool use in wild monkeys in the New World.
    ドロシー・フラゲージー (ジョージア大学・京都大学文学研究科)

14:30-15:15 Conservation of the short-tailed albatross through the managements of nesting habitats on Torishima, Japan.
    長谷川博 (東邦大学理学部)

15:15-15:45 休憩

15:45-16:40 The natural history of sumatran orangutans: long term orangutan socio-ecological research in Ketambe, Indonesia.
    スリ・スチ・ウタミ・アトモコ (国立ジャカルタ大学)

16:40-17:35 50 years of orangutan rehabilitation and reintroduction: from assessing its role in conservation to current operations and issues.
    アン・ルッソン (ヨーク大学)

 【4日目】 11月18日(火) 9:00-12:30
於 東京大学駒場キャンパス  数理科学研究科大教室

9:00-9:45 Genetic basis of personality: examples from dogs and primates.
    村山美穂 (京都大学野生動物研究センター)

9:45-10:40 Convergence is in the genes: evolutionary genetics of coloration in birds
    ニック・マンディ (ケンブリッジ大学)

10:40-11:35 Learning, reference and hierarchical structure in cetacean communication.
    ビンセント・ヤニック (セントアンドリュース大学)

11:35-12:20 Resting behaviors of dolphins
    幸島司郎 (京都大学野生動物研究センター)

12:20-12:30 閉会のごあいさつ
    松沢哲郎 (京都大学霊長類研究所)

戻る


Copyright (C) 2008 SAGA11

戻る